家庭画報×暮らしのうつわ花田

2017.05.21 Sunday

                                  ※画像は家庭画報より

家庭画報6月号(発売中)の特集
『日本の美しいガラス器と暮らす』 の中で掲載されているガラスのうつわを

暮らしのうつわ花田店舗にて、特別展示販売を致しております。

 

誌面から抜け出た『家庭画報』

期間限定の特別展は店舗のみの販売となります。

この機会をどうぞお見逃し無くご覧下さい。

 

                     ※画像は家庭画報より

 

                     ※画像は家庭画報より

 


会期:2017年5月3日(水・祝)〜27日(土)
時間:10時30分〜19時 ※会期中5月14日(日)休み

家庭画報さんの特設サイトはこちらからどうぞ。

http://www.kateigaho.com/information/special/20170509_3494_1.html

詳しいお問い合わせはお電話でお願いします。


お菓子のチカラ

2017.05.19 Friday



たけのこをいただいた後、今度は新玉ねぎのスープでも・・・
と考えていたところに、思いがけずいただいたクッキー。
さっきまで「やっぱり季節のものって意味があるよね」なんて言っていたのに
「キャーッ」と飛びついてしまう性。
「実際の栄養も大切だけど、ほら、気持ちの栄養もね!大事だから」
話の内容がひっくり返ってしまうのですから
お菓子の力ってスゴイです。


松浦コータローさん

2017.05.18 Thursday

 

久し振りに届いた、松浦コータローさんのうつわが届きました。

HPでご紹介したら、きっとすぐに売切れてしまうんだろうな・・・と思いつつも

うつわに惹かれて、いろいろ写真を撮ってしまいました。

 

特にレンゲは華やかですね。

テーブルセッティングにこんな可愛らしいうつわがあったらステキ!と

想像してしまいます。

 

華のある形状。

和食作ろう!!と力が湧きそうです。

 

松浦さんらしい、繊細で愛らしい鹿図。
このマグカップに、どんなお茶が合うだろう・・・
思わずそんな想像をしてしまいます。
香り高い黄金桂や清々しいジャスミンティーに
胡麻団子や草餅をあわせてもいいですね。

 

炊き込みご飯!

食べたくなります・・・

 

松浦コータローさんのうつわはこちらからどうぞ

http://www.utsuwa-hanada.jp/SHOP/131202/149722/list.html

 

 


増渕篤宥さんと 城進さん

2017.05.17 Wednesday

 

 

作者の増渕篤宥さんと城進さん。

二人展の本日初日に、お二人で在廊されました。

 

こちらは城さんのインタビュー動画です。

 

 

こちらは増渕さんのインタビュー動画です。

 

 

作者のインタビュー(読み物)もあわせてお楽しみ下さい。

 

こちらは城さんの作者インタビュー(読み物)

 

こちらは増渕さんの作者インタビュー(読み物)

 

作者を身近に感じると、うつわがもっと楽しくなります。

 

 

 

企画展名:増渕篤宥×城進 二人展
開催期間:2017年5月17日(水)〜5月27日(土)午前10時30分〜午後7時
※会期中無休

 

増渕篤宥×城進 二人展はこちらからご覧いただけます。

 

 


増渕篤宥×城進 二人展

2017.05.17 Wednesday

増渕篤宥×城進 二人展

 

本日よりはじまりました。

 

膨大な手間を惜しまず、
自信を象徴する「彫り」の仕事に更なる磨きをかける増渕篤宥さん。

一方、アフリカ、ヨーロッパ、中東を放浪していたゆえか、
オーソドックスな作風の中にエキゾチックな雰囲気を漂わせる城進さん。

お二人の初めての競演、お楽しみください。

 

 

 

 

企画展初日ギャラリーの様子をご紹介しております。

是非ご覧下さい。



 企画展名:増渕篤宥×城進 二人展
開催期間:2017年5月17日(水)〜5月27日(土)午前10時30分〜午後7時
※会期中無休

 

増渕篤宥×城進 二人展はこちらからご覧いただけます。

 


阿部春弥×稲村真耶 二人展終了

2017.05.14 Sunday

 

 

阿部春弥×稲村真耶 二人展は
昨日無事終了致しました。

 

ご来店下さったお客様
HPをご覧下さったお客様
ありがとうございました。

 

阿部さんと稲村さんのうつわは
九段店舗、オンラインショップでも
まだご覧いただけますので
是非のぞいて見て下さい。

売切れ品のご予約も受付中です。

 

 

初日の在廊、阿部さんと稲村さん
実は初対面でした。

 

ご挨拶もそこそこに

次々にご来店されるお客様とお話されるお2人。
午後になって店主が
「あの2人、このままだとお昼に出られないし水も飲めないよ」
と、心配の様子。
このままでは脱水・・・それはマズイと
急いでアイスティーを作りました。
いきなり朝から立ちっぱなしで話し続けたら
緊張もあるし、のども渇きますよね。
作者の皆さまも感謝、いつもありがとうございます。

5月病と食事療法 −その2−

2017.05.13 Saturday

 

大量下茹のおかげで豊富なたけのこ

調べたら、疲労回復に鶏肉が良いとのことで
次は豆板醤でピリ辛煮に。

 

お酢やはちみつも投入し

辛くて、甘くて、すっぱくて、しょっぱい味になりました。

 

土の中から力いっぱいニョキッと出てきたたけのこの

生命力を有り難く食します。


鶏肉でこってり仕上げると
また違った美味しさが楽しめてシアワセ。

 

こちらは土鍋のおかげで骨付肉も柔らかく
艶やかな仕上がりになりました。

 

深みのあるルリ釉のお皿に盛り付けると
ガラッと印象も変わりますね。
コントラストがはっきりして
盛り映えがします。

 

次は何で5月病を治癒しましょう?

 

 

稲村真耶さんのうつわはこちらから

http://www.utsuwa-hanada.jp/SHOP/131202/128177/list.html


5月病と食事療法 −その1−

2017.05.12 Friday

 

 

春の疲れが出る頃なのでしょうか?

何となく体調がすぐれず風邪気味・・・

ここ最近、そんな声を耳にします。

 

花田スタッフ同士の会話でも、体の養生の話題が多いようですが

やはり職業柄(と、思いたい)食べて栄養をつけようという流れになっていきます。

 

そこに春の食材、たけのこをいただき大盛り上がり・・・

香り高い旬の味に、お腹も心も満たされます。

やさしい春色の煮上がりを「どのうつわに盛り付けようかな」と
考えるのはやはり楽しいものです。

 

ここはやはりさわやかな
阿部春弥さんの白磁に決定。

華やかな輪花の形が料理を引き立ててくれました。

 

土鍋で煮たシーンがあれば最高なのですが
実際に使用したのは大きなアルミ鍋。
あの黄色っぽい金属のお鍋です。

お鍋が米ぬかだらけになっても
スルスル洗える上、軽くて持ち運びもラクラク。
大きなたけのこの下茹でには本当に重宝しました。
さすがロングセラーと、納得しました。

 

お鍋などの調理具は、適宜に使い分けると
調理がスムーズに進みますね。

 

 


岡本修さんの色絵

2017.05.11 Thursday

 

久し振りに岡本修さんのうつわが入荷しました。

 

動物、天使、幾何学文・・・
岡本修さんの独自に目線で語られるような
個性的な文様の数々が
ポップで楽しい絵付けの世界へ誘ってくれます。
「絵付けのうつわって楽しい!」
使うたびに岡本さんのうつわが教えてくれます。

 

 

岡本修さんのうつわはこちらからぞどうぞ。

http://www.utsuwa-hanada.jp/SHOP/131202/128190/list.html

 

 


柏餅

2017.05.08 Monday

 

 

先週は2回も柏餅をいただいてしまいました。

 

九段の老舗和菓子店、宝来屋さんでは
つぶあん(栗入り)
こしあん
みそあん
と、3種類の柏餅があるので
迷った挙句、3種類いただくのが毎年のパターンです。

 

例によって食べ物の話ではいつも盛り上がる花田のメンバー。

こしあん派か粒あん派かで、意見がわかれます。

 

「絶対こしあん!あのなめらかさがお菓子を美味しくしていると思う」

「鯛焼きでこしあん、誰か作ってくれないかな〜って。長年の願い!」

「え〜っ、小豆の美味しさは、粒あんじゃないと分からないよ」

「口に残るじゃない?あずきの皮が。あれ無いほうがいいと思わない?」

「それがいいんじゃない!こしあんじゃ食べた気しないもん」

 

もう、ほとんど対立です(笑)

自分で作るわけでもないのに、なんて身勝手な話かと改めて思います。

で、そこで現れたみそあんが中立の立場になって丸くおさまる流れに。

 

「この微妙な塩気がたまらないよね」

「誰が最初に思いついたんだろうね」

「だからさ、宝来屋さんの柏餅って結局2個は食べないと治まらないわけ」

 

 

柏の葉の青い香りと
瑞々しいお餅と
香り高い日本茶。

五月晴れの午後にぴったりのお3時です。


| 1/23PAGES | >>

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

profile


〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-5
九段ビル
暮らしのうつわ 花田
ギャラリースペース横(2F)
Tel: 03-3262-0669
Fax: 03-3264-6544
e-mail: info@utsuwa-hanada.jp




selected entries

category